グラフィックデザイナー独立奮闘記

失敗も後悔も振り返れば全てが成長。そんなグラフィックデザイナーがフリーランスになるまでのアウトプットブログ。

Read Article

自由を求めて何が悪い!サラリーマンに向かない自分を考察する

自由を求めて何が悪い!サラリーマンに向かない自分を考察する

少し古い記事ですが、「サラリーマンに向くタイプ、向かないタイプ」という趣旨の面白い連載を読んだので、自分なりに想ったことを書こうと思います。これから独立を目指す方の参考になる記事だと思いますので、興味がありましたら是非読んでみてください。

連載記事はこちら↓(全11回)
サラリーマンに向かないヤツ

あなたはサラリーマン家系?自営業家系?

私の父は技術者で、30代前半で独立して町工場を経営していた。その父親、つまり私の祖父は、腕一本で稼ぐ床屋さんだ。親戚を見ても、サラリーマンが少ない。サラリーマンの子でなかった分、会社への依存度も低かったのだろう。自分が会社員に向かないと分かっても、落胆することはなかった。

私は5年前から、フリーランスで仕事をしている人に向けてメルマガを発行している。そこで、「親の職業は?」というアンケートを実施したことがある。結果は、6割超の方が「自営、経営者、フリーランス」だった。やはり、「自営の家系」「サラリーマンの家系」というのがあるのかもしれない。

『サラリーマンに向かないヤツ』連載記事からの引用

この記事を読んで、「そういえば、うちの両親は自営業」そして「親戚も自営ばかりで、サラリーマンをやっている人はほとんどいないな」と気付いた。ただの偶然かもしれないけれど、「自分もこれから独立するぞ!」という不安や葛藤に、「やっぱりな。俺は自営の家系だから独立して当たり前なんだ」と裏付けをもらった気がして少しだけ安心しました。

全ての人に当てはまる訳ではないのだろうけど、自営や経営者の家庭環境で育った場合と、サラリーマンの家庭環境で育った場合とでは、子どもの考え方に与える影響にも違いがあり、それが大人になった時の仕事や会社に対する意識にも現れるのかもしれません。子どもって親の背中見て育つもんね。

幼い頃ぼんやりと考えていた未来に近づいているか?

自分にも小さい頃は夢がいろいろとあった。『ミュージシャン』『サッカー選手』などなど色々あったんだけど、その夢のどれにもサラリーマンという職業は入っていなかった。小学生、中学生、高校生、専門学生、どの年代の自分も『自分がサラリーマンになる』という実感がなかったのです。

ただ、そんな僕も気付けばサラリーマン生活10年以上。恥ずかしながら、実際にデザイナーとして会社で働きはじめた頃は、自分がサラリーマンという認識はありませんでした。おそらく、小さい頃からデザイナー=芸術家、サラリーマン=スーツだと思い込んでいたので、デザイナーといえど会社に属している限りサラリーマンだと気付くのにしばらく時間がかかりました。

サラリーマンなので当然、上司には逆らえないし、会社にも逆らえない。自分の好きなことをやってはいるけど、色々と我慢しながら日々の仕事に打ち込む毎日。僕は小さい頃から絵を描いたり、粘度遊びといった図工や美術系の時間が大好きな子どもだったので、今『デザイナー』という職業についていることは、なんとなく想定の範囲内です。

自分が好きなこと、自分が得意なことでご飯が食べられる『グラフィックデザイナー』という職業は天職だと思っているし、超ラッキーだと思っているけど、やっぱりどんどん欲も出てきます。

自由を求めて何が悪い!

サラリーマンを10年続けてわかったことは、自分が小さい頃から好きだったのは絵を描いたり手を動かすことと同じくらい、誰にも縛られず、自分の意思で、自由に何かをするということ。

贅沢なのかもしれないけど、好きな事でご飯を食べている今の現状だけでは満足できず、会社員という安定した地位を捨ててでも、自分の意思で行動し、もっと自由にいろんな事にチャレンジしたい。

フリーランスがそんなに甘くないということを十分承知のうえで、それでもやっぱりフリーランスでやっていきたい、いろんなことに挑戦したいという気持ちが消えません。

それが家系のせいなのか生まれ持った素質なのかはわからないけど、『フリーランスになる、独立する』という考え方が、自分としてはとても自然に、ずっと自分の中に染み付いていました。

その目標が少しずつ近づいてきている実感もあるし、結果がついてきていないのも認識しながら、最後は『頑張るしかない!』と、今回の連載記事を読んで強く思ったのでありました。

そして、このサラリーマンに向かないヤツという連載記事を最後まで読んで気付いたのだけれど、著者の塚田祐子という人の『<独立成功>完全マニュアル』という本を以前買っていた事に気づき、単純な僕は「やはり独立するしかないな」と色んな偶然を必然に変換して生きています。

「会社を辞めてフリーで・個人でまずは1年目をクリアする <独立成功>完全マニュアル」 (アスカビジネス)

塚田 祐子 明日香出版社 2008-01-21
売り上げランキング : 184267

by ヨメレバ

まとめ

サラリーマン生活はとても勉強になることばかりです。まだ、フリーランスになってないけど、フリーになる前にサラリーマンを経験できて良かったと思っています。(なんちゃってフリーランスにならないように頑張ります…)

コメントや質問をどうぞ

*
*
* (公開されません)

スポンサーリンク
Return Top